ログ

アイコン

ブログ一覧

新型コロナワクチン

5月23日、当院のスタッフ全員、新型コロナワクチン2回目の接種が終了しました。ワクチンには種類があります。まず生ワクチンですが、このワクチンは生存能力を損なうことなく、ウイルスや細菌の病原性を低下させて作ったワクチンです。これには、風疹、麻疹、水痘、BCGがあります。次に不活化ワクチンですが、このワクチンは死んだ病原体の一部をワクチンとして接種します。生ワクチンと違い増えたりしないので、免疫が付きにくいのが特徴です。そのため不活化ワクチンは複数回接種が必要なものが多いです。これには、ヒブ、B型肝炎、インフルエンザがあります。新型コロナワクチンはこれらのワクチンとは違い、メッセンジャーRNAという遺伝子を人体に注入することで、体内の細胞にウイルス抗原蛋白を生成させて作ったワクチンです。生ワクチンは妊婦さんには投与できません。不活化ワクチンは妊婦さんにも投与できます。新型コロナワクチンは理論的には投与可能だと思われます。しかし、まだ産婦人科の結論が出ていません。当院には、安心されて受診されてください。